3wayのビジネスバッグを選ぶ4つのメリットと2つの注意点とは?

ビジネスバッグを購入するときによく3wayの商品が選ばれるようになってきました。

まだ手提げ型のビジネスバッグに比べると普及段階にありますが、どのような特徴があるかを知っているでしょうか。

メリットと注意点を理解して買うときの選択肢として考えてみましょう。

そもそも3wayのビジネスバッグとは

ビジネスバッグとして最も一般的なのは手提げ型のもので、3wayと言われてもどんなものかわからないという人もいるでしょう。

3wayとは3通りの使い方ができることを指していて、手提げバッグとして使うだけでなく、リュックサックやショルダーバッグにもできる仕組みになっているのが特徴です。

平たく言ってしまえば手提げにできる持ち手と、リュックサックやショルダーバッグにするためのショルダーストラップが全て付属しています。

この条件を満たしているビジネス向けのデザインのバッグのことが3wayのビジネスバッグと呼ばれています。

3wayのビジネスバッグの3つのメリット

3つもビジネスバッグを持たなくて良い

ビジネスシーンによって手提げバッグが無難か、リュックサックが良いか、ショルダーバッグが適しているかは異なります。

フォーマルなシーンでは手提げバッグにしよう、長距離の出張で徒歩の移動が多いからリュックサックにしよう、商談のときにバッグを置けない場所だからショルダーバッグにしようなどといった形でそれぞれにメリットの大きい使い方があるからです。

上手にシーンに応じて使い分けようとすると3つはビジネスバッグを持たなければなりません。

しかし、3wayのビジネスバッグなら1つで3役をこなしてくれるのでたった1つだけお気に入りバッグを手に入れてしまえば事足ります。

バッグにかける費用や保管、手入れの手間などを考えると3wayのビジネスバッグには大きなメリットがあるのです。

同じ日でもシーンに合わせて使い分けられる

人によっては一日の間に手提げバッグを使いたいシーンとリュックサックやショルダーバッグで使いたいシーンが1日に重なっていることもあります。

典型的なのは重要な商談に行くから手提げバッグにしたいけれど、取引先のオフィスが遠くて資料も多いからリュックサックで運びたいというパターンです。

このようなときに3wayのビジネスバッグを選んでいれば取引先まではリュックサックにしておいて、現場に到着したら手提げにすることができます。

ショルダーストラップが取り外し式になっていれば、見た目には手提げのビジネスバッグなので相手の印象が悪くなることもありません。

機能性が高いビジネスバッグが多い

ビジネスバッグとして機能性が高い商品が豊富なのも3wayのビジネスバッグの魅力です。

ビジネスバッグは書類を入れるだけでなく手帳やスマホなども収納できて、使いたいときにすぐに取り出せると便利です。

ペットボトルの飲み物や小腹が空いたときの食べ物なども整理して入れられる方が良いという人も多いでしょう。

3wayのビジネスバッグはもともと三種類の使い分けができる機能性の高さが売りで、機能重視でビジネスバッグを選びたい人をターゲットにして開発されてきました。

その影響で機能性や収納性に力を入れているデザインのものが多いのです。

機能性、収納性にこだわりたい人には3wayのビジネスバッグがおすすめです。

3wayのビジネスバッグの2つの注意点

チープと認識されてしまいやすい

3wayのビジネスバッグを使うときに気をつけておく必要があるのがチープだと思われてしまいやすいことです。

ビジネスでは古くから手提げバッグが使われていました。

リュックサックは欧米ではバックパッカーが使用するものというイメージがあります。

ショルダーバッグも手提げバッグに比べるとカジュアルな印象を持たれる傾向があります。

そのため、リュックサックやショルダーバッグとして使える3wayのビジネスバッグもフォーマルではないという印象を与えてしまいやすいのです。

ただ、ショルダーストラップを取り外してしまえば手提げバッグにしか見えなくなります。

重要な商談のときなどには取り外すのを忘れないようにしましょう。

邪魔になってしまう付属品がある

3wayのビジネスバッグの注意点として移動時の荷物が増える可能性がある点も挙げられます。

リュックサック、ショルダーバッグのそれぞれのショルダーストラップが付属していて、使う方のストラップを付けることになります。

午前中はリュックサック、午後はショルダーバッグとして使いたいといったときには両方のストラップを持ち歩かなければなりません。

仕様によってはかさも張り、重さもかなり負担になってしまうので付属品が小型で邪魔にあまりならないバッグを選ぶのが賢明です。

まとめ

3wayのビジネスバッグは手提げバッグ、リュックサック、ショルダーバッグの3通りの使い分けができるのがメリットで、1つ持っていれば色々なシーンで活用できます。

使いこなせればフォーマルなシーンでも問題ないので、いつでも使えるビジネスバッグとして購入を検討してみましょう。