大きめのビジネスバッグを購入する3つのメリットとは?

ビジネスバッグを購入しようと色々な商品を見ているときにどんな大きさのものを候補にしているでしょうか。

大きめのビジネスバッグを選ぶのにはメリットがあります。

その詳細や注意しておくべき点について紹介するので参考にして下さい。

大きめとはそもそもどういうことか

大きめのビジネスバッグのメリットが何かを考える上で欠かせないのが、そもそも大きめとはどういうことかを理解することです。

購入するときには特に気をつけておきたいポイントなのでよく確認しておきましょう。

バッグに入れるものから大きさを考えるのが基本

ビジネスバッグを選ぶときには適切な大きさのものにしようと考えるのが一般的です。

大きさの選び方として基本になっているのがバッグに入れるものに合わせる方法です。

A4の資料を入れるだけという場合にはA4サイズのものを選ぶことになります。

弁当箱や折り畳み傘などを入れるならマチが広いものにすることになるでしょう。

普段から入れておくものをピッタリ収納できる大きさならコンパクトで使い勝手が良いと考えられます。

幅とマチと高さを考えて余裕があるなら大きめ

普段ビジネスバッグに入れるものに対してピッタリサイズのバッグよりも幅、マチ、高さのどれかに余裕があれば大きめと考えるのが通例です。

例えば、A4の書類を10枚くらい持ち歩くだけという人の場合には幅と高さはA4サイズ、マチは1cmもあれば十分でしょう。

このような人が幅が50cmで高さが40cmあるバッグや、マチが5cmあるバッグを選ぶと大きめです。

ただ、大きめというときには極端に大きい場合は除くのが普通です。

例えば、同じケースでマチが20cmもあるバッグを選んだ場合には大きすぎて使い勝手が悪くなってしまうでしょう。

このようなケースは除外し、少しゆとりがある仕様のものを選んだ場合に大きめだと判断するのが一般的です。

大きめのビジネスバッグにするメリット

このような前提で大きめのビジネスバッグにするメリットには何があるのでしょうか。

3つのメリットがあるのでその詳細を確認しておきましょう。

他に荷物があったときにも使える

大きめにしておくと普段は使わないものも収納しなければならなくなったときに困らないのがメリットです。

取引先に今回はカタログを持っていかなければならないといった場合もあるでしょう。

他の荷物が大きくて収納できないというトラブルで悩まないためには大きめにするのが賢明です。

取引先で資料などを渡されても収納できる

ビジネスバッグは必要な荷物を持っていくだけでなく、行き先で受け取った荷物を持ち帰るためのツールでもあります。

自分のものだけでピッタリのサイズにしてしまっていると取引先で資料を渡されたときに収納できずに困ってしまいがちです。

特に外勤で色々なところを訪問するようなときには荷物がたくさん増えてしまうこともあるので大きめのビジネスバッグが役に立ちます。

実は値段もあまり変わらない

大きめのビジネスバッグは高いのではないかと思う人もいるでしょう。

メーカーによって違いはあるものの、実は少し大きめのものを選んでもそれほど値段は変わりません。

少し高いだけでいつも困らなくなるのなら助かるという人は特に大きめのビジネスバッグがおすすめです。

大きめのビジネスバッグにするときの注意点

大きめのビジネスバッグはメリットばかりというわけではないのも確かです。

ただし、選ぶ時点できちんと問題になり得る点について考慮していればあまりデメリットになることはありません。

大きめのビジネスバッグにしたいときにはどんな点に注意して選ぶと良いのでしょうか。

持ち運びやすさを考えよう

大きめのビジネスバッグを選ぶときには持ち運びやすさを重視しましょう。

大きすぎると使い勝手が悪くなるのはかさばってしまうことや重くなってしまうのが理由です。

普段必要な大きさよりもやや余裕がある程度にしておけばかさばるのが悩みになることはあまりないでしょう。

また、ビジネスバッグを実際に持ってみて重いと感じたら合成樹脂を使った軽量のバッグを選ぶのが効果的な対策です。

あるいはキャスターがついていたり、背負えたりするタイプのバッグを選ぶのも良いでしょう。

丈夫さについても注意しよう

大きめのビジネスバッグを選ぶ際にもう一つ気をつけておくと良いのが丈夫さです。

収納力があるとたくさん荷物を入れてしまいがちになります。

手提げの取っ手やショルダーバッグのストラップなどが傷んでしまって使えなくなることもないわけではありません。

底の部分が磨耗してしまったり、角をぶつけて傷つけてしまったりするケースもあります。

全体的に丈夫に仕上がっているかを確認した上で購入すると長く使い続けられるでしょう。

まとめ

ビジネスバッグは大きめにしておくと普段は使わないものや取引先から渡されたものを収納でき、ビジネスシーンで困ることがあまりないのがメリットです。

使い勝手を考えて丈夫で持ち運びやすいものを購入するようにしましょう。